家づくりに大切なのは夫婦お互いの意見を尊重し合うこと

こんにちは。SHOGO(@shogo6188)です!

順調にマイホームづくりが進んでおります!

さて、みなさんは家づくりで大切なことは何だと思いますか?

もちろん業者選定や資金計画などが挙げられますが、僕が今回家づくりを進める中で最も大切だと感じたことは夫婦お互いの意見を尊重し合うことが大切だと思いました。

よく巷では、家づくりを始めると夫婦仲が悪くなり最悪の場合離婚にまでなったという話を聞きますが、うちに限ってはそんなことはないと高をくくっていました。

しかし、いざ家づくりが始まると僕達夫婦の仲も不穏な空気が流れるようになりました。

今回そうなった経緯と反省を書いてみようと思います。

スポンサードリンク

自分の意見ばかり主張して相手の考えを全く無視してしまった

Young man napping on white sofa in the office picjumbo com

家づくりのプランニングで「外壁色はこれがいいだの、吹抜けが欲しい、書斎が欲しい、ウォークインクローゼットが欲しい」など挙げればきりがありません。

今回僕が絶対に譲れなかったのが吹き抜けと書斎でした。吹抜けは「開放感があって光を取り入れるのに最適」という僕の意見に対し、嫁は「冷暖房費がかかるし、吹抜けを取ることによって2階の部屋のスペースが削られる」など現実的な意見を言ってきました。

しかし、僕は嫁の意見など無視して吹抜けを採用してしまい、嫁は納得がいかない模様。そこから嫁の機嫌が悪くなってしまい、あんなに仲が良かった夫婦の関係がギクシャクしてしまったのです。

お互いの譲れないものをリストアップして削る

Girl writing in a diary picjumbo com

先程の失敗を教訓に、お互い絶対譲れないものをリストアップすることにしました。

リストアップしたものからお互いの意見を言い合い、そこからこれは必要ないだろうという物を削っていくことにしました。

今回僕が譲れなかったのものは、先程も述べましたが「吹抜けスペース・書斎」、嫁が譲れないものが「外壁の色とキッチンでした。

他にもカーポートや太陽光などがありましたが、予算の関係で省くことにしました。

リストアップすると相手が望んでいるものを知ることができます。

もちろん全てが採用できるわけではないのですがこの作業をすることでグッと夫婦の仲が悪くなるということを回避することができます。

まとめ

今回家づくりで学んだことは、お互いの考えを話し合うことです。当たり前かもしれませんが我が家ではそれができていませんでした。

確かにお互い譲れないものはあると思いますが、自分の意見ばかり主張するのではなく、相手の意見を聞き、どう考えているのかヒアリングすることが大切です。これから何十年も住む家ですからお互いが気持ちよく生活していきたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)