30代グラフィックデザイナーが転職を機に生活のゆとりを手に入れた

こんにちは。SHOGO(@shogo6188)です!

ちょうど一年前、7年務めたデザイン会社を辞めた。

もう心が折れたと言うか、会社に将来性を感じなくなりました。

その後、転職をして今の会社に採用され、生活スタイルがガラッと変わったというお話です。

 

なぜ転職をしたのか

会社の将来性を見出せなくなった。

20代前半に前の会社に入ってからがむしゃらに今日まで走り続けてきました。

しかし、仕事というと毎月決まった仕事をロボットのように同じ作業の繰り返し。

終わったかと思えばまた次の物が始まる。

もうエンドレス。

流石に飽きてきたので社長に仕事の内容を変えてくれないかと直談判したのですが…

しかし、社長の一言で絶句ししましたね。
「君は会社の売上のベースとなる物をずっとやってればいいんだよ。」

この人社員を何だと思ってるんだ!
はい、もうこの会社にいても将来性を感じなくなりました。

給与アップのため

30代にさしかかり、結婚、マイホームを持つと周りの環境が一気に変わりました。

それに伴いお金も毎月たくさんかかります。
独身の時は回っていたのですが流石に結婚すると生活が窮屈になってきます。

単純に給与アップしないとヤバイなと思いました。

ストレスから逃げたかった

ここが今回の一番の転職理由。
毎日同じことの繰り返し+スケジュールがパツパツで毎日まともにお昼ご飯も食べる時間がありませんでした。

物量が多すぎて就業時間に終わらず、毎日家に仕事を持ち帰って、金にも自分の身にもならない仕事を深夜までこなしてました。

ストレスなのかわかりませんがマウスを持つ手が動かなくなりました。

完全にヤバイと思い限界を迎えました。

転職活動開始

働きながらの転職活動は、時間が制限されるためなかなか思うように動けませんでした。

平日は深夜まで仕事のため面接は企業先に無理言って土日にしてもらうことがほとんどでした。

転職サイトに登録したのですがなかなか自分に合う案件がなかったので、
初めてマスメディアンというクリエイターに特化した転職エージェントに登録しました。

まぁこのマスメディアンが親切だこと。
登録は無料だし、職務経歴書の添削や面接日の設定など時間がない自分に変わって色々と動いてくれました。

でもなんで無料なのにこんなにも親身になって動いてくれるかって?

それは、もし就職が決まった場合にマスメディアン側に年収の30~35%のマージンが入るからなんです。

企業を紹介しただけでお金が入る。
こちらも無事に就職先が決まればお互いウィWIN-WINです。
うまくできてますよね。

というわけで無事に就職先が決まりました。

転職後のはどう変わったか?

まず、実際に勤めてみて一番驚いたのがスケジュール。

今までパツパツなスケジュールで一息つくひながなかった前の職場と比べて今の職場のスケジュールがかなり余裕です。

「1日ってこんなにもゆったり流れているだなぁ」と改めて気づかされました。

スケジュールがゆったりなお陰で毎日余裕で仕事ができるようになり、時間に追われなくなったのでストレスから解放されました。

あとは年収がアップしたことで微々たることですが、生活にも余裕ができました。

あとはボーナス時期になるとワクワクすることを覚えました。

今までボーナスをもらったことがなく、ボーナス時期になると周りが騒いでいる意味がわかりませんでした。

でも今ではその気持ちがすごくわかるようになりました。ボーナスってこんなにも楽しみでこんなにもワクワクするんですね。

これも転職したお陰で味わうことができたし、また今の会社を紹介してくださったマスメディアンの担当者にお礼が言いたいです。

まとめ

今まで転職しようか迷っていたことに、こんなにも生活スタイルが変わるんだよと過去の自分に教えてあげたいほど今回転職して本当によかったと思えます。

転職すればこんなにも変わるんだよと、転職を迷っている方に伝えたいです。

一方踏み出すことでこんなにも穏やかな気持ちになれたのが今回転職して一番の収穫だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください