30代グラフィックデザイナー、将来どう生きていこうか?

なんか最近の若者ってすごくないか?
学生でもバリバリプログラミングできるし、俺何もできないや…

最近少し焦り始めています。

そう、今までで紙媒体した向き合ってこなかった自分に突きつけられた現実です。

これから何していいかわからない

 

気づけば30代。
20代なんてほんとあっという間です。

あれ?この前成人式迎えなかったっけ?

なにあんたのんきなこと言ってるの?と嫁から突っ込みが入ります。

20代はがむしゃらに突っ走ってきました。
徹夜なんて当たり前。

あの頃は辛かったけどどこか達成感がありました。

それが30代になってどうでしょう?

もう徹夜できる体力もなくなってきてるし、夜ご飯を食べ終わった後はすぐに眠くなります。
おじいちゃんか(笑)

毎日同じことの繰り返し。正直生活にハリがないと言いますか…

簡単に言えば目標を失ってしまったんですよね。

時代の波に乗り遅れてる

 

世間ではYoutubeとかInstagramとか、僕には正直ついていけなくなってます。
でも、今流行っていても1年後はどうなのか?

Facebookとかでも一時期はあんなに主流だったのに、今ではInstagramにその地位を取られてしまってます。

でもInstagramもいずれかはすたりがきます。

クリエイティブな業界にいる割には疎いんですよね。
最近の自分の口癖。「どうせすぐに流行らなくなるからいいやん…」

もうこれが駄目なんですけどね。

適応していかなくては生きていけない

 

人間、どんな環境にさらされても、その環境に馴染んで生きていかなくてはなりません。
僕自身今はグラフィックで食べていけてますが、もう30代半がまできてます。

下からどんどん若い衆に追い抜かれます。
若い子達の体力とセンスには勝てません。

でも一つだけ勝てるものがあります。

それは今まで培ってきた知識と経験です。
今までそれなりに場数を踏んできました。

その経験を生かしてこれからどう戦っていくかが今後の自分の将来を決めるでしょう。

第2の武器を身につけよう

 

今自分が持ってるスキルは決して役立たずではありません。

あなたそれでご飯食べてるんでしょ?

でもね、やっぱり今のスキルだけでは手持ち無沙汰と言いますか、不安なんですよね。
最近嫁に言われました。

あんたこれからどうすんの?

今の仕事は好きです。でもこれからの将来、今のままではやっていけないかもしれない。
じゃあどうするの?

自分で動くしかないでしょ!

というわけで最近TechAcademyでプログラミングの勉強を始めました。

30代半ば、まだ遅くはありません。
自分の道は自分で切り拓いていくものです。

同じグラフィックデザイナーで苦しんでいるそこのあなた。
一緒に戦っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください