Illustratorをマスターしよう! 〜名刺作成編〜

今回からIllustratorをマスターするために実際に手を動かしながらデザインも覚えていってもらおうかと思います。

頭ではわかったつもりでも実際にソフトを触ってみると、あれ?ここどうやってやるんだっけ?ということが多々出てきます。

今回はその第1弾。名刺作成編です。
それでは行ってみましょう。

名刺のベースを作る

メニューバーから新規書類を選択。
用紙設定の画面でA4を選んでください。

次に四角ツールを選んで画面上でクリックしてください。
そうすると数値入力画面が出てきますので名刺サイズの91×55と打ち込んでください。

はい、名刺枠ができました。

次に印刷の際に必要なトリムマークを設定していきます。

このトリムマークというのは実際に印刷した際に断裁をするガイドラインみたいなものになりますので、印刷物を製作する時は必ず設定が必要になってきます。
先程作った四角枠を選択して、メニューバー→効果→トリムマークを選択してください。

はい。トリムマークを設定できました。

これで名刺のベースが完成です。

名刺に文字を設置しよう

ここからが名刺製作の本番です。

今回は自分の名刺を作ると思って作業します。

まず、文字ツールを選択して、ベースの四角枠の中でクリックしてください。

そうすると文字が打てますので自分の名前を入力していきましょう。

自分の名前、ローマ字、住所や電話番号、アドレスなどを打ち込みましょう。

フォントや文字の大きさを設定しよう

次に、先程打ち込んだ文字のフォントを変えてみましょう。
名刺デザインはフォントによって印象がガラッと変わります。

世間で使用されてる名刺のほとんどが、明朝体、ゴシック体、丸ゴシック体で構成されています。

名刺をどういった場面で使用するのか、またどういった客先に渡すのかを考えてフォントの設定をしてください。

ここでは当たり障りのないゴシック系を選択してみましょう。

どうですか?
普通の名刺だなぁといった印象でしょうか。

少し堅苦しい印象にするには明朝体、少しポップな感じにしたい場合は丸ゴシック体などにするといいかと思います。

明朝体の場合

丸ゴシック体の場合

文字間、行間を設定しましょう

ここからは細かい設定になります。

文字組みに大切なもの、それは文字間と行間です。

細かなことですが、この文字間と行間の設定をすることによりグッと名刺の印象が変わります。

上と下では文字間が違うのがお分かりでしょうか?

ちょっとのことですが、文字間を調整することによりここまで変わります。

レイアウトを変えてみましょう

ここまでフォントの変更、文字間や行間の説明をしてきましたが、今度はレイアウトです。
レイアウトも名刺制作にとってかなり重要になってきます。

まずはレイアウトを変えたパターンを見てみましょう。

左揃えのパターンです。
名刺で多いのがこのレイアウトです。

人の動線は左から右に流れて文章を読む習慣がありますので、一番わかりやすいレイアウトかと思います。

次に右揃えのレイアウトです。
変わった印象を与えたいのがこの配置です。

ロゴと名前の余白とバランスがうまくとれていると思います。

次に名前だけ中央揃えのパターンです。

中央に名前を配置することにより、名前が一層際立って見える利点があります。

この中で気になったレイアウトはありましたか?

まとめ

Illustratorの機能を全て覚えようとすると時間がかかり挫折してしまいます。
今回は名刺制作を通して、Illustratorの基本操作を覚えつつ、デザインをしていくことにより
頭で覚えるよりも体に覚えさせた方が、より早く理解できるかと思います。

また、時間がある時にデザインの本を読んだりして、自分の中にデザインの引き出しを増やしていくことも大切なことです。そうすることによりIllustratorが一通り触れるようになるとだんだんデザインが楽しくなってきます。

そして将来的にデザイン会社に就職したり、フリーランスになることも可能です。

これから焦らずゆっくりIllustratorを覚えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください