macOS SierraでAdobe CS3・CS4・CS5・CS6が使えることが判明!

こんにちは。SHOGO(@shogo6188)です!

今までEl CapitanからSierraにアップグレードするとAdobeCS3〜6が使えなくなるという噂が以前から言われていました。
それはJAVA 6がSierraだと対応していないらしくAdobeCS3〜6が使えなくなるからです。

しかし!ここへ来て新事実が判明しました!それはJAVA 6に対応していなくてもちょっと細工をするだけでソフトが使用できるというのです!

しかし今現在Adobeの主流はCC。まだCS使ってるの?と言われてしまいますが、私自身仕事の関係でまだCS5.5を使わざるを得ない状況です。

また、この事実を知るまでSierraにアップデートをするのをためらっていたのも事実です。
アップデートするとCSシリーズが使えなくなるので尻込みしていたからです。

今回Sierraにアップデート後に無事にCS5.5を起動できることを確認しました。
少し面倒だがその方法を紹介します。
※しかしこれをやったからといって確実にソフトを起動できるかと言える保証がないので各自自己責任で試していただきたいです。

スポンサードリンク

細工方法

sierra_op

⌘(コマンド)+Rで起動後、ユーティリティからターミナルを起動。
ターミナルから次を入力。

csrutil disable

入力後

Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect.

と表示されれば再起動をします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-11-07-00
今度は普通に起動をさせてメニューバーの「移動」から

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-11-09-13 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-11-07-42

「ユーティリティ」の中のターミナルを起動。

ターミナル起動後次のコマンドを入力

sudo mkdir -p /System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk /System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

入力後管理者パスワードを要求されるので入力。

再び⌘(コマンド)+Rで起動。ユーティリティからターミナルを起動。
ターミナルから次を入力。

csrutil enable

入力後再び普通に再起動をする。

再起動後ソフトを立ち上げる!

ソフトを立ち上げるとおそらくこのような警告画面が出るので赤枠で囲ったところをクリックしてアップルからJAVA SE 6ランタイムをインストールしてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-11-02-28

インストール後ソフトを起動すると無事に立ち上がりました!
なお今回の細工をすると誰でもソフトが使用できる保証がないのでくれぐれも自己責任で実行してほしいです。

スポンサードリンク

25 件のコメント

  • ターミナルを立ち上げると既に文字が入力されていて消すこともできません。

    なにもないページに「csrutil disable」を入力するのですよね??

  • iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) + macOS 10.12.6 でも
    本日 CS3 Master Collection (アカデミックパック) を正常に
    インスト,動作確認(ai,ps,idを動かしてみた)しました

    私の現在の環境で相違点(注意点)は以下の2点だけでした

    インストーラは当時販売されていたメディアではなくサイトに
    行って入手(シリアル番号の交換も)した
    https://helpx.adobe.com/jp/creative-suite/kb/cs3-product-downloads.html

    リカバリモード(再)起動のキーコンビネーションが
    コマンド+R ではなく コマンド+オプション+シフト+R
    によるネットブートだった(これが10分ぐらいかかった)

  • sudo mkdir -p /System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk /System/Library/Java/Support/Deploy.bundleを入力した後leternをすると、僕の名前の後に鍵マークがつき文字が入力出来ないのですが?

  • こんばんは。

    PC故障により新型Macを購入したんですけど、OSを下げれないみたいで困ってました。
    今の2017年の型でも可能でしょうか?

    分からない点があります。

    「ユーティリティ」の中のターミナルを起動後、

    sudo mkdir -p /System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk /System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

    ターミナル内にすでに文字がある場合そのまま入力で良いんでしょうか?それとも全消去してから入力するのでしょうか?

    宜しくお願いします。

    • 今現在の型でも問題はありません。
      入力する際はターナル内にすでに文字がありますがそれを消さずに入力してください。

  • 新しいiMacにしてから、イラレがインストール出来なくなって困ってました。

    最初の段階
    ⌘(コマンド)+Rで起動後、ユーティリティからターミナルを起動
    が解りません(泣)教えていただけませんか
    よろしくお願いいたします

      • 電源ボタンを押して、⌘+Rするのですか?
        にゃんこさんのコメント、リカバリモード(再)起動のキーコンビネーションが
        コマンド+R ではなく コマンド+オプション+シフト+Rでした。
        とあるのですが、どちらをすればいいでしょうか?
        Adobe CS5インストールはこの作業の後で良いでしょうか?

          • ターミナル起動後次のコマンドを入力。その後の管理者パスワード入力でつまづいているのですが、何度パスワードを入力しリターンても次に進みません。パスワードが間違っているのでしょうか?どうすれば良いでしょうか?

    • ターミナルを打ち込む意味ですがEl CapitanからRootlessによる制約がかかり、管理者権限をもってしてもディレクトリを新規作成することはできません。
      なので、一時的に Rootless を無効にし、ディレクトリを作成した後に再びRootlessを有効にする必要があるのでターミナルを打ち込むのです。

  • SHOGOさんのお陰でCS5を無事に使用することができました。ありがとうございました。その後、色々と変化があり、CCを購入することになりました。そこで使えるようにしていたCS5のアプリケーションをアンインストールしてから、新しいCCの最新版をインストールしました。教えていただいたターミナル等で設定ことが、新しいCCに何か影響する可能性はありますか?ターミナルでまた何か設定をし直す必要はありますか?ターミナル周りが全く知識がないもので、お教えいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

    • お世話になります。
      お役に立てて光栄でございます。
      CCをお使いとなると新たにターミナルを設定しなくても使用できます。

      • お世話になっております。ご返信ありがとうございます。承知いたしました。CS5で設定したことについては特に気にせず新しいCCを使用して問題なさそうですね。どうもありがとうございました。

  • 初めまして。
    おかげさまでSierraでCS5.5を起動、使用することができました。
    ただ一つ問題がありまして、動作はするのですがアプリ(Illustrator,Photoshop,InDesign)を終了すると、
    ウィンドウが閉じられてしばらくしてから「Adobe Illustrator(photoshop,InDesignなども) CS5.1が予期しない理由で終了しました。」というメッセージが出てしまいます。
    今のところ、データが壊れる等の被害はないのですが、対処法等思い当たりますでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)